「初恋ロックオン」

作曲:ユキユキロ

作詞:ユキユキロ

​編曲:ねこと花かんむり

こんなに寒いのに

花見なんてオトナって

バカだな

成長と比例して

感覚が鈍るのは

もう退化

 

心臓の鼓動

骨の伸びる痛み

眠れず迎える朝

何万回

 

真実の痛み

(fall in love)

振り切れぬ想い

(just in love)

君の事ロックオンした

それは何気ない日の出来事

 

こんなに眠いのに

起きて支度した

まるで奇跡だ

キシむペダルの音

所詮人力で出せるスピード

 

始業のベルに

焦り隠せぬまま

滑り込む教室に

君はいた

 

ふいにボクを見て

(fall in love)

すぐに目を逸らす

(just in love)

君を初めて意識した

それはありふれた日の

出来事

 

身体が溶けて

宙に舞い踊るように

淡い幻想の中

君がいた

 

生きていく希望

(nonstop love)

溢れ出す欲望

(make it love)

君の事ロックオンした

それは何気ない日の出来事

 

真実の痛み

(fall in love)

振り切れぬ想い

(just in love)

君の事ロックオンした

それは何気ないボクの日常

始業のベルが鳴り響く

滑り込んだ教室

目の中に

飛び込んで来た天使

(揺れ動く日常

揺るがない感情)

真実の痛み

(fall in love)

振り切れぬ想い

(just in love)

真実の痛み

(fall in love)

振り切れぬ想い

(just in love)