「紅い薔薇棘の様」

作曲:ユキユキロ

作詞:花井美理

​編曲:ねこと花かんむり

悪い夢の様降りしきる雨窓を叩いて

影は何処までも凭れ掛かり消えずに付きまとうの

 

潰えた夢の欠片が秘密を覆い隠して

本当の事は知らない今がただ間違いなく幸せで

 

 

息が出来ないほど抱きしめて

祈ってもどこにも届かないの

身体の熱とは裏腹に心だけ冷たく凍えてく

 

 

響く雷鳴は悲しい私の声いつまでも

苦しみは針刺す美しい紅い薔薇棘の様

 

 痺れた両の手で貴方の口を塞いでいつの日か

嘘の愛に疲れて本当の事に気づいて

 

 

眩暈がする程に求めあって

狂った時計に騙されてゆく

気が付けば寒い夜を越え私たち 何処へ行くの教えて

 

 

悪い夢の様降りしきる雨窓を叩いて

影は何処までも凭れ掛かり消えずに付きまとうの

響く雷鳴は悲しい私の声いつまでも

苦しみは針刺す美しい紅い薔薇棘の様